携帯のフィルタの今後

最新情報

メニュー一覧

このサイトって?

基本情報のご案内

携帯のフィルタの今後

2009年4月25日に、総務省が持って、それを同日中に携帯電話会社会社でそれに属している。
総務省要請としてそれをして欲しい「インターネットの違法な有害な情報との類似についての勉強会議」の中間報告で、そのような問題の現在のモデルの治療は、示されます。
これを受けた携帯電話会社で、それが延期されること、フィルタリングの原則は、2008年夏の後計画した契約者を既存の若者のために利用します。
5つの携帯電話会社とテレコミュニケーション企業の協会が9月12日に公式発表を実行すると同時に、既存の契約者へのフィルタリング使用の原則は2009年1月の後それにそれを中で作るのを延期します。
そして、携帯の認可サイトを除外させる方針を提案することは試験を満足させます。
そして、使用がブラックリスト方法でメカニズムをモニターします。
同意しないユーザーの自治権を尊重します。
そして、規制をしている国はこれらの運動としてのフィルタリングの強制になって、そのような個人的な自発的な行動と読み書きの能力改善を支えるために法律処置と経営活動をするつもりです。
新しい既存のをに関係なくそれになることがフィルタリング使用の原則を若者契約者に完成して、濾過されている機能をカスタマイズすることのような均一な行為モデルの治療はそれに続いて、同時に現在推進されます。
そして、昇進をフィルターに通している更なる携帯電話のスプレッドは堪能です。
他方、一部の地方自治体において、運動が、大幅に濾過されている若い携帯電話に恩恵を施すためにあります。