携帯のフィルタの必要性

最新情報

メニュー一覧

このサイトって?

基本情報のご案内

携帯のフィルタの必要性

2006年4月の後、警察庁の「子供を仮想社会がもたらした悪から保護する研究のための会議」で子供たちに持ってこられる携帯電話を含むコンピュータ化の、ゲームとインターネットが進歩する悪についてそれを検討して、とりわけ、重要性(2006年9月22日の非常事態)の高い携帯電話について、レポートでそれを問題のまわりに集めました。
そして、それに対する犯罪は、若者です。
インターネットがそうであったアクセスを通して損害を与えました。
若者の視点からの問題の保護が連続して起こったという徴候を広く報告します。
2007年12月10日に、若いフィルタリング使用の原則がそれになることを進めた。
そして、不使用についてのプロ化身の意図確証施行が総務省によって携帯電話会社のためにフィルタリングの導入促進のために実行されたと、総務大臣は頼みます。
そして、同日中に携帯電話会社会社からの大臣要請を行った行動内容は発表されました。
しかし、濾過されている携帯電話のある問題は、この現実化されます。
言い換えると、濾過されている現在の携帯電話は過度に均一でした。
そして、選択性がありませんでした。
そして、標準的な選択と公明正大な性質の透明性は確保されませんでした。
これは、若者で濾過されることの広がりを妨げる問題です。